食品機動監視班  衛生監視の実際

食品機動監視班の主な業務

 1.専門監視
  ・大規模製造業監視
  ・食品流通拠点(問屋など)監視
  ・輸入食品対策等
 2.重点事業
  ・自主管理推進事業
  ・食品表示監視指導
  ・米トレサビリティ制度の周知
 3.食品表示法に基づく表示の監視
 4.  先行調査
 5.  緊急監視等
 6.  その他(食品衛生監視員研修など) 

 

 

実際の事業例(食品製造業監視)

 大規模食品製造業監視の実際についてご紹介します。 

 食品機動監視班では広域に流通する食品などを製造している工場に対して、施設の特徴や製造する食品の特性に対応した衛生監視や検査を行っています。

監視機材

 食品製造工場に立ち入る際には、監視の目的に合わせて中心温度計や検査キットなどいろいろな機材を持ち込みます。また、原材料や製品を検査のために採取する場合は、検体にあわせて採取機材のほか滅菌容器や耐熱容器そして保冷バッグを使用します。

食品製造施設監視機材の例

左上:中心温度計、放射温度計

右上:温度記憶計

左下:白衣、ヘアキャップ、マスク、手袋、シューカバー

左下:検体容器、消毒用アルコール綿、秤

事前うちあわせ(聞き取り調査)

 施設に入ると、製造施設監視の前に品質担当者に食品製造状況や衛生管理状況などを聞き取り調査します。必要に応じて製造記録や衛生管理に関する記録などを確認します。

 自主的衛生管理の支援のために最新の食品衛生情報を提供し、施設ごとの状況に合わせたアドバイスを行うこともあります。食品製造機械の衛生状況を検査

 

製造施設への立ち入り監視

 特別に重点的な監視目的がある場合は特殊な機材を持ち込んだ詳細な監視や検査を行いますが、定期的な一般衛生監視の場合は施設全体をウォークスルーしながら、施設、設備、機械、器具、原材料、添加物、使用水、薬品等及び表示ラベルの管理状況とともに食品の取り扱い、作業工程、従事者の動きなどを観察します。

収去

 製品や中間製品、原材料、食品添加物、包装用資材などを衛生状況の確認のため、検査に必要な量を無償で採取します。

衛生指導

 製造施設監視の後、観察結果をもとにして衛生管理状況を評価し、必要があれば課題を提示して衛生指導します。

 収去検査などの検査結果により衛生指導が必要な場合は、再度施設に立ち入り実現可能な改善策を協議、指導し、後日効果の確認を行います。

違反措置

 監視や検査の結果、法令等に違反する事象が発見された場合は、迅速に調査を行い、回収等の必要な措置を行います。

*:食品衛生監視員による報告の徴取と臨検(立入)検査及び収去

 

 

本ホームページへのご意見・ご感想はこちらへ

〒169-0073 東京都新宿区百人町3-24-1 本館2階 

東京都健康安全研究センター 広域監視部 食品監視第一課

電話:03-5937-1069(直通) e-mail:  www@tokyo-eiken.go.jp

 

 

東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. www<at>tokyo-eiken.go.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.