東京都の感染症媒介蚊対策

         

  近年、輸送手段の発達等により、感染症流行地域から我が国へ、人や物資等を介した病原体の侵入により、デング熱やジカウイルス感染症等の蚊が媒介する感染症の流行が懸念されています。また、地球温暖化や都市のヒートアイランド現象等によって、感染症を媒介する蚊の生息域が拡大しています。

 2020年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催もあり、関係機関と都民が一体となって蚊の発生抑制を含めた総合的な対策に取り組むことにより、東京から蚊が媒介する感染症のリスクを減らしていくことが必要です。

                                                                                                     更新年月日 平成28年5月20日

お知らせ

 

患者の発生動向

蚊サーベイランス

蚊媒介感染症ハイリスク地点

蚊の発生防止対策

蚊媒介感染症について

東京都蚊媒介感染症対策

関連情報

 

 

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.