当センターにおける新型コロナウイルスの検査体制について

 

管轄の保健所経由で医療機関から当所に患者検体が搬入されます。当センターにて新型コロナウイルス検査を実施し、検査結果は感染症対策課を通して保健所、医療機関に還元されます。

新型コロナウイルス検査法

 

当センターに搬入された患者検体はバイオセーフティレベル3(BSL3)実験室でウイルスの不活化処理を行った後、ウイルス核酸RNAが含まれる遺伝子分画を抽出します。リアルタイムPCR法を用いてウイルス核酸RNAが存在するか否かを調べ、検査結果を関連部署に報告しています。 

 

バイオセーフティーレベル3(BSL3)実験室入室時の様子

 バイオセーフティーレベル3(BSL3)実験室で作業を行う職員は、ウイルスによる汚染を防ぐために、使い捨てのマスク。キャップ、ガウン、手袋を着用します。BSL3実験室から退出する時は、全ての着用物を専用の滅菌缶に入れ、高圧蒸気滅菌により滅菌処理し廃棄しています。

 

 

 

防護服を着用した検査員がBSL実験室内の安全キャビネットの中で鼻腔拭い液等の検査検体の処理をします。安全キャビネット内は常に陰圧になっていて外にウイルス等が漏れることはありません。

 

 

 BSL 3実験室で不活化処理された検体は、遺伝子抽出用の機器でウイルス遺伝子(ウイルス核酸RNAが含まれる分画)を抽出します。専用機器で効率的に遺伝子抽出を行います。

 遺伝子の検出 リアルタイムPCR

 抽出した遺伝子を検体としてリアルタイムPCR法による検査を行います。左奥に見えるのがリアルタイムPCR装置本体で、付属コンピューターの画面を通じて命令を出し、結果を読み取ります。PCR法は様々な遺伝子の中から特定の配列を持った遺伝子を見つけ、それだけを高率に増幅することで様々な病原体の検索を行う技術です。リアルタイムPCR法はその中でも現在最も迅速に大量の検査を行うことのできる検査法として知られています。

リアルタイムPCR法の検査画面 

リアルタイムPCR法によるコロナウイルス検査のイメージ画像です。検体中にコロナウイルスが含まれている場合には、右のグラフにあるように新型コロナウイルスの遺伝子が増幅されたことをグラフによって確認することができます。検査を行う毎に陽性と陰性の対照検体を同時に検査し、予め検査された値が得られることを確認することで検査が適正に行われたかどうかも確認しています。検体中にコロナウイルスが含まれていない場合には、増幅が起こらず、増幅曲線が現れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2020 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.