ウイルス研究科のページ

業務内容

 ウイルス研究科では、感染症の原因ウイルス(インフルエンザウイルス、麻しんや風疹ウイルス、HIV、肝炎ウイルスなど約20種類)及びつつが虫病の原因となるリケッチアなどの試験検査・調査研究を行っています。特に、感染症健康危機管理の一環として、新型インフルエンザ、鳥インフルエンザ及びSARS、MERS等の緊急検査(東京感染症アラート)体制を強化しています。また、感染性胃腸炎の原因となるノロウイルス対策にも取り組んでいます。

研究室の構成

 感染症法に基づき、都内病原体定点医療機関(基幹定点、小児科定点、眼科定点)から搬入される患者検体を対象に検査を行い、対象疾病の発生状況についての調査研究を行っています。また、都民の血清中の抗体(ポリオ、日本脳炎)保有状況を調べ効果的な予防接種を行うための資料としています。都内でウイルス性感染症の集団事例が発生した場合には原因究明のためのウイルス検査を行います。

 

  • エイズ・腸管ウイルス研究室

 東京感染症アラートに基づく鳥インフルエンザ、MERS 等、感染症発生動向調査等におけるインフルエンザ等を対象とした試験検査および調査研究、都のHIV対策に基づく試験検査及び調査研究および、食品衛生法に基づく食中毒調査の一環として、感染性胃腸炎集団事例の原因究明のために他の研究科と連携してノロウイルスなどのウイルス検索を実施しています。   また流行予測調査事業として、インフルエンザウイルス等に対する抗体保有状況の調査やを行っています。

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2019 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.