食品成分研究科のページ

業務内容

 食品成分研究科では、遺伝子組換え食品、食品中のアレルギー物質、カビ毒、水銀・鉛などの有害金属、放射性物質、栄養表示食品中のたんぱく質、 脂質、ミネラルなどの成分、保健機能食品中のビタミンなどの試験検査や、乳・乳製品、清涼飲料水、生あんなど各種食品の成分規格試験を行っています。また、都内で発生する食中毒の原因となる化学物質や毒キノコ、フグ毒等の自然毒、苦情食品中の異物や異臭成分などに関する試験検査を行うとともに、これらの検査にあたり試験法の開発や実態調査などの調査研究を行っています。 

 

研究室の構成と業務内容 

    • 成分分析研究室

 食品衛生法に基づく、乳および乳製品、清涼飲料水、菓子、酒類、豆類・生あん等の食品の成分規格試験や健康増進法に基づく栄養表示食品、特別用途食品および栄養機能食品の栄養成分分析と調査研究を行っています。また、都内で流通している食品の汚染調査として、食品中の放射性物質の測定や玄米に含まれているカドミウム、魚介類に含まれている水銀やメチル水銀などの測定も行っています。

      • バイオ応用食品研究室

 大豆、トウモロコシ、米、パパイヤ及びこれらの加工食品について、安全性審査済みの遺伝子組換え食品の表示および安全性未審査の遺伝子組換え作物の混入を確認するため、遺伝子組換え食品の検査を行っています。また、食品中のアレルギー物質検査も担当しています。

      • 天然化学研究室

  ナッツや穀類、香辛料など各種食品中に含まれるアフラトキシン、穀類に含まれるデオキシニバレノール、リンゴに含まれるパツリン、穀類等に含まれるオクラトキシンとシトリニンなどのカビ毒の検査とこれらに関連する調査研究を行っています。また、クマリンなどの有害性物質の検査も行っています。

      • 中毒化学研究室

 ふぐやきのこ、有毒植物、ヒスタミンなど化学物質が原因となった食中毒検査、異物混入や異臭などの食品の苦情検査とこれらに関連する試験法の検討などの調査研究を行っています。また、貝毒(麻痺性・下痢性)や食品中の動物性・鉱物性異物の検査も行っています。 

 

調査・研究

      •  重点研究

 食品に含まれる化学物質による健康危害防止に関する研究

 (1)PCR法による有毒キノコ等の鑑別法の検討

      •  基盤研究

 (1)栄養成分分析法の最適化および効率化に関する研究

 (2)水耕栽培野菜等の工場で生産された野菜および野菜を原料とする加工食品中の硝酸塩の含有量調査

    (3)食品中のアレルギー物質(卵、乳、小麦、そば、落花生)検査におけるモノクロナール抗体を用いた

   ELISA法の検討

    (4)食品中の放射性物質の調理加工による消長及び摂取量に関する研究

 

資料 

 ・毒キノコに気を付けよう

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.