レジオネラQ&A-1

レジオネラ感染症について

 

 レジオネラによる感染症はいつ頃発見されたのですか?

 1976年の夏、米国フィラデルフィアのホテルで開催された在郷軍人会の参加者やホテル周辺の通行人などに原因不明の重症肺炎が集団発生し、罹患者221名のうちの29名が死亡したことが報告された。米国の疾病管理センター(Centers for Disease Control and Prevention, CDC)が行った原因調査によって、この肺炎はこれまで報告のなかった細菌による感染症であることが明らかになり、在郷軍人病と称されるようになった。この在郷軍人病の原因菌が後にLegionella pneumophila(レジオネラ ニューモフィラ)と命名された。

 

 フィラデルフィアでレジオネラ感染症が集団発生した原因は?

 感染経路は十分に解明されているわけではないが、レジオネラは土壌中に生息し、粉塵とともに空調用冷却塔水やその他の人工的な水環境に混入して増殖する。米国などにおける集団発生の疫学的調査でも、感染源としてレジオネラが多数生息していた空調用冷却塔水が疑われ、ここから飛散したエアロゾルによって感染したものと推定された。

 

 レジオネラによる感染症はどのようなものですか?

 レジオネラが原因で起こる感染症はレジオネラ症と総称されている。レジオネラ症はその臨床症状から肺炎型と風邪様のポンティアック熱型に大別される。フィラデルフィアで起こった在郷軍人病は肺炎型のレジオネラ症である。これまでの報告例では肺炎型がほとんどであるが、ポンティアック熱型のレジオネラ症の集団感染も知られている。

 

 肺炎型のレジオネラ症はどのような臨床症状ですか?

 肺炎型では、初発症状は全身倦怠、易疲労感、頭痛、食欲不振、筋肉痛など不定の症状で始まる。通常、咽頭痛や鼻炎などの上気道炎症状はみられない。喀痰はほとんど出ないが、数日後に膿性痰の喀出がみられるようになる。発病3日以内に悪寒を伴って高熱を発する。精神・神経学的異常の出現は本症の特徴とされ、全経過を通じて、逆行性健忘症、言語磋趺、傾眠、昏睡、幻覚、記憶力低下、四肢の振せん、頚部硬直、小脳失調などがみられる場合がある。胸部に異常陰影が出現してからは重篤感があり、適切な治療がなされないと発病から7日以内に死亡する例が多い。

 

 ポンティアック熱型の臨床症状はどのようなものですか?

 ポンティアック熱型では、主症状は発熱で平均38時間の潜伏期の後、悪寒、筋肉痛、倦怠感、頭痛で発症し、6〜12時間以内に悪寒を伴った発熱が出現し、胸部X線上胸水の貯溜がみられることがあるが、肺炎像はみられない。その他の症状として悪心、下痢、腹痛、関節痛及び咽頭痛などの上気道炎症もみられている。多くの患者は5日以内に無治療で回復するが、基礎疾患を有する患者では治癒が遅れ、健忘症や集中力低下などの症状が数カ月続くことがある。死亡例の報告はない。

 

 レジオネラ症はどのようなヒトが罹りやすいですか?

 レジオネラは発見当初、病原性の強いものと考えられていたが、最近では、健康な成人が発症することはまれで、幼児や高齢者、あるいは入院患者等の免疫力が低下しているヒトが罹患しやすい日和見感染菌の一つとして認識されている。

 

 諸外国におけるレジオネラ症の発生状況は?

 米国においては1976年の集団発生(フィラデルフィア、221名が罹患し、29名が死亡)が最も有名な事例である。米国以外では、1985年4月から5月にかけてロンドンの北西約200kmにあるスタフォードで最大の集団発生が起こった。この事例では急性呼吸器感染症のため158名が入院し、36名が死亡した。患者は主として高齢者で、その大多数が十数kmの範囲内に居住していた。

 1988年にはロンドンのポートランド地区にあるBBC放送本部とその周辺で集団発生が起こった。このときはBBCの冷却塔が原因であることが疫学的に立証され、翌年にはBBCに対して罰金刑の判決があった。また、1989年にもロンドンで2件の集団発生が起こっている。

 この他、スペイン、カナダ、フランス、ポルトガル、オランダ、スイス、オーストラリア、イタリアなど、世界各地からレジオネラ症の発生例が報告されている。

 

 我が国でのレジオネラ症の集団発生状況は?

 厚生省レジオネラ症研究班が行った全国調査によると、1979年から1992年までの14年間に発生したレジオネラ症は86例で、日本全国に分布していた。これらはいずれも散発例で、フィラデルフィアやロンドンのような大規模な発生は認められなかった。しかし、1994年8月、都内の民間研修施設で罹患者45名を出すポンティアック熱の集団感染が発生し、原因はこの施設の空調用冷却塔水であった。肺炎型のレジオネラ症の集団感染は、1996年7月、都内の病院において新生児3人がレジオネラの院内感染で肺炎を起こし、そのうち女児1人が死亡する事態が報道された。その後、静岡県内のレジャー施設の温泉利用客23人が感染し2人が死亡(2000年3月)、茨城県内の総合福祉施設で入浴した45人が感染し3人が死亡(2000年6月)、等の事件があった。また、宮崎県内(2002年7月)や鹿児島県内(2002年8月)の入浴施設で死亡者を出す集団感染があり、特に宮崎県内の集団感染事件は死亡者7人、確定感染者数34人、感染の疑いのあるもの295人という大規模なものとなっている。

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.