シックビル症候群、シックハウス症候群について

 1970年代に二度にわたる石油ショックを受けて欧米では、冷暖房費を節約するため、建築物の省エネルギー化が進められました。1980年代の初め頃から、欧米各地のいわゆる省エネビルにおいて、めまい、吐き気、頭痛、平衡感覚の失調、眼、鼻、喉の痛み、粘膜や皮膚の乾燥感、ゼイゼイする、喉が渇れるなどの呼吸器系の諸症状等、体の不調を訴える居住者からの苦情が多数、ビル所有者や国、州などの公共団体に出されるようになりました。これらの症状は、「ビル病」とか「シックビル症候群」Sick Building Syndrome(SBS)と呼ばれています。日本では「シックハウス症候群」という言葉が一般的になっていますが、これは「シックビル症候群」に倣った和製英語で、住宅(ハウス)における「シックビル症候群」であることをわかるようにしたためと思われます。

 SBSは、原因としての当該建築物の換気不足、各種汚染質(単一または複数)の発生量の増大がベースにあって、それらがその他の物理化学的要因や心理的要因と結びついた時、様々な症状として表れます。

 

参考文献 

  1. 池田耕一:シックハウス症候群,生活と環境, 43,24-34,1998.
  2. 市川 勇、松村年郎:室内空気環境基準の現状,衛生化学, 43,162-173,1997.
  3. 厚生省:快適で健康的な住宅に関する検討会議報告書, 1998.

 


「室内空気中の化学物質」のページに戻る

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.