「植えてはいけないケシ」が見られます

「植えてはいけないケシ」が見られます

美しい花にご用心

「ケシのミニ講座」参加レポート

 

 東京都薬用植物園(小平市中島町)では、「植えてはいけないケシ」が見られます。
 薬用植物園は、薬用植物の栽培技術研究、成分の試験研究等を通じて医薬品の品質、有効性及び安全性の向上を図ること等を目的とした施設です。法律で栽培が規制されているケシや大麻を栽培する「ケシ・大麻・麻薬原料植物栽培研究施設」でもあります。普段「植えてはいけないケシ」は、2重のフェンスに囲われて栽培されていますが、この時期は1重のフェンス越しに観察することができます。

 これらのケシは都内では薬用植物園でしか見ることができません。
 新聞やテレビでも報道されました。

毎年5月には毎週土・日曜日に「ケシのミニ講座」を開催し、都民を対象に普段は見られないケシについて説明と観察会を行っています。5月は気候も良く、多くの方が薬用植物園を訪れ、来園者は、薬用植物を観察しながら園内を散策したり、きれいに咲いたケシの花を写真に納めたりしていました。

 (2008年5月のミニ講座・パネル展とも 終了しました。)

  

 一貫種のケシ きれいな花なのに・・・ 
 
観察会の様子  
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.