ジャスミンとカロライナジャスミン

ジャスミンとカロライナジャスミン(有毒)

 

 カロライナジャスミンはジャスミンとは全く別の植物で、有毒植物です。

 

        
       
マツリカ
             (モクセイ科)

 ジャスミンはモクセイ科のJasminum属植物の総称です。ジャスミンティーに使われているのはマツリカの花です。

 マツリカはアラビア〜東南アジア原産で、古くから栽培されている常緑の低木です。丸い葉が対生または3枚輪生し、枝先に強い芳香のある白い花を付けます。東京付近では屋外で生育せず、温室で栽培されています。

         カロライナジャスミン
                  (マチン科)

 カロライナジャスミンは北アメリカ原産のつる植物です。春に鮮やかな黄色の花をたくさん付けます。花がきれいなため、最近は庭木や生垣にとして盛んに植えられており、花には、かすかな芳香があります。
 植物全体、特に根や蜜にゲルセミシンなどの有毒成分を含有しており、誤食すると、めまい、けいれん、呼吸麻痺などの中毒症状が起きます。花の蜜に毒性があるので、子供が食べたり、なめたりしないように注意が必要です。

 
         ジャスミンティー

 中国では開花中のマツリカの花を緑茶と混ぜ、お茶に花の香りを移してジャスミンティーとします。ウーロン茶や紅茶と混ぜることもあります。

       カロライナジャスミンのつる
 つるが巻きついて支柱を登ります。柳のような細長い葉が特徴です。
   
   カロライナジャスミンの果実・種子
        オオバナソケイ

 南ヨーロッパやエジプトなどで、栽培される常緑のつる植物です。ローヤル・ジャスミン、スパニッシュ・ジャスミンと呼ばれ、花から採ったオイル(精油)は、香水原料とされます。日本では珍しい植物で、温室で栽培されていることがあります。

   
        誤食を防ぐ注意点

  1. カロライナジャスミンは有毒植物で、飲食は厳禁です。ジャスミンという名前が付いていますが、ジャスミンとは全く別の植物です。
  2. ジャスミンティーに用いられるジャスミンはマツリカの花です。東京付近では、マツリカは屋外では生育しません。
  3. マツリカの花は白色です。
   

©東京都薬用植物園

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.