医薬品の個人輸入

 日本国内で販売されている医薬品は、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法)に基づいて有効性や安全性が確保されています。しかし、個人輸入品については、国内業者による有効性や安全性の保証はありません。

 医薬品の安易な海外での購入や個人輸入による服用は、重篤な健康被害が現れる可能性もありますので、医師と相談の上での服用を心がけて下さい。

 なお、自己使用によって、重大な健康被害の起きるおそれがある医薬品については、数量にかかわらず、医師による処方せん等が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません。詳しくは、厚生労働省のホームページ「医薬品等の個人輸入について」をご確認ください。

 

 

厚生労働省のホームページ

 いわゆる漢方薬(製品名・内容成分は不明)が原因と疑われる肺炎症状、肝機能障害、腎機能障害等を示して死亡された事例が報告されています。リンク先で問題が疑われる製品の写真をみることができます。

 中国から個人輸入により入手された製品から、勃起不全薬シルデナフィルの有効成分に類似した「ヒドロキシホモシルデナフィル」が検出されました。成分との因果関係は不明ながら、摂取した男性に健康被害が発生したとの報告があります。

 国内で承認されていない経口妊娠中絶薬は、ときに手術が必要な出血を起こすことが知られています。「個人輸入」が可能として、インターネット等で広告されている場合がありますが、使用には大きな危険が伴うので、自分の判断で購入・使用しないようにしてください。

 問題となっている製品は、「痩身」を目的とした医薬品として個人輸入のあっせんが行われているようです。このような製品の個人輸入は、健康被害を招くおそれがあるだけでなく、麻薬及び向精神薬取締法違反となります。

 ニコチンを含む電子タバコをインターネットなどで個人輸入するケースが見られます。一方、ニコチンを含む電子タバコは医薬品医療機器等法上の未承認の医薬品であり、長期間、繰り返し使用すると、吐き気、頭痛、めまいなどの副作用や依存性が現れるおそれがあります。安易な使用は避けて下さい。

 個人輸入した模造医薬品であるシアリス錠を服用したことによる健康被害の発生事例が報告されました。正規メーカーが製造したものではない偽造医薬品が、海外だけでなくインターネットを通じて国内にも流通しています。個人輸入にご注意ください。

 

 

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当 です。

 

東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. www<at>tokyo-eiken.go.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.