プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて

(平成29年7月21日掲載)

独立行政法人国民生活センターにおいて、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関する健康被害の相談が増えていることを踏まえ、情報提供・注意喚起等が行われました。

独立行政法人国民生活センターのホームページ(外部リンク)

また、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が実施した調査においても、プエラリア・ミリフィカの利用者の中に体調不良が生じている事例が報告されています。

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所のホームページ(外部リンク)

 プエラリア・ミリフィカ(学名:Pueraria candollei var.mirifica)(別名:白ガウクルア

 White Kwao Krua)は、タイ北部等に広く分布しているマメ科の植物で、塊根に強い植物性エストロゲン(女性ホルモン)作用を持つ物質が含まれることが報告されています。国民生活センターに寄せられた健康被害の相談には、発疹や下痢等の症状のほか、月経不順や不正出血等がまれており、プエラリア・ミリフィカの摂取に関連する健康被害や製品に関する詳細な情報収集が必要となっています。

消費者の皆様におかれましては、安易な摂取を控え、摂取後に体調に異変を感じた場合には直ちに摂取を中止し、医療機関への受診をお勧めします。

 厚生労働省は、プエラリア・ミリフィカに関する資料をホームページに掲載しています。厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

問合せ先:東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
電話:03-3363-3472
FAX:03-5386-7427
メールアドレス:S0000786<at>section.metro.tokyo.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。

 

 

 

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2020 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.