無承認医薬品発見情報(令和3年3月12日:メラトニン)

情報の発出機関

東京都福祉保健局

詳細な情報を掲載するサイト等

医薬品成分を含有する製品の発見について(東京都公式ホームページ)

(発表機関の方針により予告なく削除される場合があります。)

概要

  • 製品概要

商品名:HEMP Baby CBD グミ

形状:グミ

検出された医薬品成分名:メラトニン

  • 危惧される健康被害

メラトニンは、入眠改善剤の有効成分として使用されており、傾眠、頭痛などの副作用が報告されています。
また、フルボキサミンマレイン酸塩(うつ病などの治療薬として処方される)を服用している方には禁忌とされており、安易に摂取した場合、健康被害が発生するおそれが否定できません。
メラトニンは、国内で医薬品として承認されています。なお、承認されている医薬品の適応と、主な副作用は次の通りです。

  • 適応
    小児期の神経発達症に伴う入眠困難の改善
  • 副作用
    傾眠、頭痛、肝機能検査値上昇 等

この成分を含有する健康食品を使用されている方は、ただちに使用を中止し、体調不良を感じた場合は医療機関を受診してください。

  • 参考

「安全に使用するためのポイント(12カ条)」

問合せ先:東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
電話:03-3363-3472
FAX:03-5386-7427
メールアドレス:S0000786section.metro.tokyo.jp
※を@に置き換えてメールをお送りください。

 

 

東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. www<at>tokyo-eiken.go.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。問い合わせ先の詳細については、こちらをご覧ください。
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2021 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.