無承認無許可医薬品発見情報(平成30年1月12日発表:(シルデナフィル等含有))

情報の発出機関

東京都福祉保健局

詳細な情報を掲載するサイト等

医薬品成分を含有する製品の発見について

(発表機関の方針により予告なく削除される場合場合があります。)

概要

以下の表のとおりです。

品名

形状

検出成分

黄金玛卡MACA

錠剤

シルデナフィル

蚁力神

カプセル

シルデナフィル

HUSTLER

カプセル

デスカルボンシルデナフィル

GEKI KATA

カプセル

シルデナフィル、タダラフィル

HAIR FEEL 

カプセル

シルデナフィル、タダラフィル

シルデナフィル及びタダラフィルは、勃起不全(ED)治療薬等の有効成分として使用されており、ほてり、潮紅、頭痛、消化不良などの副作用の報告があります。また、硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を服用している方には禁忌とされているため、安易に摂取した場合、健康被害が発生するおそれが否定できません。
また、デスカルボンシルデナフィルは、国内で医薬品としては承認されていませんが、シルデナフィルと類似の化学構造を有する物質で、類似の作用を有する可能性が考えられ、安易に摂取した場合、健康被害が発生するおそれが否定できません。

  • 危惧される健康被害
  • シルデナフィルは、国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠 等)として承認されています。なお、承認されている医薬品の適応と主な副作用は、次のとおりです。
    [適応]
    勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)
    [副作用]
    血管拡張、頭痛、動悸等
    [添付文書上の警告(概要)]
    高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中及び投与後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分御注意ください。
    死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されていますので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認してください。
  • デスカルボンシルデナフィルは、国内で医薬品としては承認されていません。
    デスカルボンシルデナフィルは、シルデナフィルと類似の化学構造であり、類似の作用を有することが考えられるため、健康被害が発生するおそれが否定できません。
  • タダラフィルは、国内で医薬品(販売名:シアリス錠 等)として承認されています。
    なお、承認されている医薬品の適応と主な副作用は、次のとおりです。
    [適応]
    勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)
    [副作用]
    頭痛、ほてり、動悸等
    [添付文書上の警告(概要)]
    高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中及び投与後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分御注意ください。
    死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されていますので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認してください。

 

  • この成分を含有する健康食品を使用されている方は、ただちに使用を中止し、体調不良を感じた場合は医療機関を受診してください。

    ■参考
    「安全に使用するためのポイント(12ヶ条)」

    問合せ先:東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
    電話:03-3363-3472
    FAX:03-5386-7427
    メールアドレス:S0000786<at>section.metro.tokyo.jp
    ※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。

 

 

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2019 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.