エフェドラを含有する ダイエット食品について

消費者の方へ

「エフェドラ」は、日本ではいわゆる健康食品に使用することが禁止されていますが、現状では、ホームページやカタログなどで個人輸入対象品として広告されている例があります。これまで使用が認められていたアメリカにおいても、平成16年4月12日より販売が禁止されており、今後は製品そのものが減少することが考えられますが、個人輸入を行う際には購入する製品の原材料を確認するなど注意してください。また、エフェドラを含有する製品を摂取し、何らかの症状が現れた場合には、すぐに摂取を中止し、医師の診察を受けるようにしてください。

 事業者の方へ

エフェドラやエフェドリン類を含有する製品を、医薬品医療機器等法に基づく承認・許可を得ることなく輸入・販売することは同法に抵触します。 

エフェドラ関係情報

厚生労働省ホームページの「エフェドラ情報」に、これまでに公表されたエフェドラによる健康被害情報が掲載されています。

 

問合せ先:東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
電話:03-3363-3472
FAX:03-5386-7427

メールアドレス:S0000786<at>section.metro.tokyo.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2020 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.