感染症媒介蚊サーベイランス

 

蚊のサーベイランス(調査監視)

 東京都では、蚊媒介感染症対策の一環として、ウイルス保有蚊の生息サーベイランス(調査監視)を実施しています。平成16年度からウエストナイル熱を媒介する蚊のサーベイランスを開始し、現在は「広域サーベイランス」として以下の内容で実施しています。

 また、平成26年8月に都内でデング熱の国内感染事例が発生したことを受け、平成27年度からは、デング熱等を媒介する蚊の成虫及び幼虫のサーベイランス(以下、「重点サーベイランス」とします。)を追加しています。

 令和3年度は、上記のサーベイランスに加え、東京2020大会開催期間中における感染症媒介蚊の発生に備えるため、「東京2020大会会場周辺サーベイランス」を実施しています。

 

蚊サーベイランスの概要

 

広域サーベイランスの概要

重点サーベイランスの概要

調査施設数

(調査地点数)

16施設

(16箇所)

9施設

(50箇所)

検査病原体

ウエストナイルウイルス、

デングウイルス、

チクングニアウイルス、

ジカウイルス、

マラリア原虫

デングウイルス、

チクングニアウイルス、

ジカウイルス

調査期間

6月~10月

4月~11月

年間調査回数

全10回

全14回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

調査結果

広域サーベイランスの結果

重点サーベイランスの結果

 

 

 

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2021 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.