夏に飛散シーズンを迎える植物

夏に飛散シーズンを迎える主要なイネ科植物の写真を掲載しています。

夏に花粉症の原因となる主要な植物について

 5月から7月にかけて飛散シーズンを迎える主要な植物(カモガヤ、ネズミホソムギ、ハルガヤ)の写真を掲載しています。

 

    <全体図>           <拡大図>

カモガヤ・・・イネ科花粉症原因種の代表であり、路傍や草地で見られます。
    

ネズミホソムギ・・・都内では、河川敷、公園などで非常によくみられます。

     

ハルガヤ・・・路傍や河原に生育し、枝が短いため花が穂状に見えるのが特徴です。
       

このページのトップへ戻る

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.