イネ科花粉の特徴

イネ科花粉は、5月から10月まで、長期にわたって飛散するのが特徴です。
ここでは、イネ科花粉に関する簡単な知識をご紹介しています。

 イネ科花粉について

イネ科花粉の飛散時期は、大きく二つに分けられます。
一度目は主に5月から7月まで、二度目は主に8月から10月までの期間です。

前半の飛散は、主に帰化種(カモガヤ、ネズミホソムギ等)による飛散であり、
後半の飛散は、主に在来種(ヨシ、ギョウギシバ等)による飛散です。

イネ科花粉症は、前半に飛散する帰化種が主な原因となります。
5月から7月にかけては、特にイネ科花粉にご注意ください。
夏に飛散シーズンを迎える主要な植物

過去の飛散傾向を下記に記載しましたので、ご活用ください。

イネ科花粉の飛散個数の変化 (平成14年から平成17年における都内の観測データを基に作成)

このページのトップへ戻る

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2018 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.