主要な草本花粉と飛散時期

東京都では、夏から秋に飛散する主要な草本花粉(イネ科、ブタクサ属、ヨモギ属、カナムグラ)の観測を行っています。

 

 花粉の種類と飛散時期について

主要な草本花粉と飛散時期をまとめています。草本花粉の写真や対策は、夏から秋の花粉情報をご覧ください。

 

主要な草本花粉 

イネ科

河川敷や公園等でよく見かけられ、秋にも飛散しますが特に5~7月に注意が必要です。(代表例:カモガヤ、ネズミホソムギ)

ブタクサ属 秋の花粉症の主な原因のひとつであり、路傍や荒廃地に群生しています。(代表例:ブタクサ、オオブタクサ)
 ヨモギ属

山地や野原でよく見られる植物ですが、都内ではそれほど多くは観測されていません。(代表例:ヨモギ)

カナムグラ  荒廃地や路傍等でよく見られる蔓草の草で、葉や葉柄に下向きのとげがあります。
 
 
飛散時期 (平成14年から平成17年の都内の観測データを基に作成)
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.