平成22年春の飛散開始日予測

 1月の気温と予測される2月の気温などを考慮した、最新の飛散開始日予測です。花粉症対策に御活用ください。

 

平成22年春の各地点の飛散開始日予測(1月29日時点)

 都内の飛散開始日は、過去10年平均の2月14日より2~6日早い、2月8日~12日ころとなる見込みです。
 各地点の飛散開始日予測は、下表をご覧ください。

 

測定点 千代田 葛飾 杉並 大田
開始日 2/10 2/12 2/10 2/9 2/8

 

測定点 青梅 八王子 多摩 町田 立川 府中 小平
開始日 2/8 2/11 2/10 2/10 2/10 2/10 2/10

 

参考1 飛散開始日は
 飛散開始日予測は、1月の気温の積算値のほか、スギの花芽が休眠に入った後の11月以降の気温の推移等を総合的に判断して行っています。
 なお、予測される開始日の直前の気温が高い場合は予測より早く飛散開始する可能性があり、気温が低い場合は予測より遅れる可能性があります。

 

参考2 飛散開始日の定義は
 1測定点で、1月以降にスライドグラスの1平方センチメートル内に花粉が1個以上捕集される日が、原則として2日以上続いた最初の日としています
 
なお、気象条件によっては、これ以前に少量の花粉が飛ぶことがあります。
 (※ 財団法人日本アレルギー協会 花粉情報標準化委員会の定義による)

 

このページのトップへ戻る

 

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.