卸売販売業更新申請

卸売販売業を続けるために ・・・許可更新申請

 

 卸売販売業の許可の有効期間は6年間です。有効期間が終わるまでに許可更新申請を行う必要があります。

 有効期間が切れるまでに、許可更新申請を行わなかった場合には新たに許可申請を行う必要があります。新たな許可を受けるまでの間は、卸売行為を行うことはできませんのでご注意ください。

申請受付から許可更新までの流れ

1 申請・受付

2 立入調査(あらかじめ立入調査を行っている場合もあります。)

3 内容審査

4 許可更新(許可証をお渡しできる状態になりましたら、電話でお知らせします。)

 

標準処理期間

知事許可 10日

(土・日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日から1月3日まで)や、設備・書類の不備が整うまでに費やした日数は含まれません。)

 

申請書類等・手数料

    ・・・様式等のダウンロードはこちら

 
書類 等 提出部数 備考

許可更新申請書

1部    

 

 添付書類

許可証原本

1部

紛失等のため許可証を添付することができない場合には備考欄にその理由を記載します。

  手数料(23区内)

 

現金 

12,700円

営業所の所在地が多摩地域の場合には管轄する保健所にご確認ください。


<注意> 

 申請者作成の書類には、できる限り捨印をお願いします。

  

申請窓口

 申請書と添付書類、手数料をそろえて下記申請窓口にご提出ください。

 申請窓口は営業所の所在地により異なります。

 営業所が23区内:東京都健康安全研究センター 広域監視部薬事監視指導課薬事審査担当

           東京都新宿区百人町3-24-1 本館1階

           電話 03-5937-1027(直通)

 営業所が23区外:管轄する保健所

        

申請受付期間等

 期間 月曜日から金曜日まで(祝祭日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。)

 時間 午前9時から午後4時半まで

 郵送による申請は受け付けておりません。

 

お問い合わせ

このページの担当は広域監視部 薬事監視指導課 薬事審査担当です。

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.