輸入食品監視班

 輸入食品には国産食品と異なった特有の課題があります。生産、製造・加工等に関する情報が得難い点、法規制をはじめとする安全確保の仕組みが日本と異なる点、日本と異なる気候風土のもとで生産されている点、長期輸送を伴う点などです。
 このため輸入食品は、国の検疫所の検査を経て初めて国内での流通が認められる仕組みになっているのですが、通関後に食品衛生法違反の食品等が発見される事例も少なくありません。そこで東京都では、都民の安全・安心確保の観点から、独自の輸入食品監視を行う輸入食品監視班を設けています。

輸入食品監視班の業務内容

●輸入食品を取扱う輸入業や倉庫業を対象とした監視指導、輸入食品等の収去及び検査、違反食品の措置
●先行調査の実施
●自主衛生管理の推進(点検、講習会)

 輸入食品監視班は輸入食品を流通の根元でチェックするために都内の倉庫等の輸入食品関係施設に立ち入り、表示を正しく行うよう監視・指導するとともに、食品の微生物試験や理化学試験のために収去検査を行っています。
 また、近年新たに発生した課題について調査し、食品の安全性の確認や新たな基準作りの一助とするための先行調査を行っています。
 さらに、輸入に関わる営業者自らが取り扱っている食品に関する正しい知識を持ち、的確に衛生管理ができるよう、自主管理のための指導も行っています。そのために、輸入許可書や自主検査成績書等の帳票類の管理、及び事故発生時の対応手順などの管理状況を点検するために巡回指導するとともに、今後取り組んでいただきたい課題などの情報を提供する講習会を開催しています。

 

輸入食品の監視 食品輸入事業者の自主管理状況を点検

 

本ホームページへのご意見・ご感想はこちらへ

〒169-0073 東京都新宿区百人町3-24-1 本館2階

東京都健康安全研究センター 広域監視部 食品監視第一課

電話:03-5937-1069(直通) e-mail:  www@tokyo-eiken.go.jp

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.