HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point;危害分析重要管理点)とは

 食品の安全性を高度に保証する衛生管理の手法のひとつです。食品の製造事業者が原材料の受入から最終製品に至る製造工程の各段階において、発生しうる危害要因を分析し、重要な危害要因の発生を防止することができる工程を重要管理点として定めます。この重要管理点を重点的に管理することで、製品の安全性をより一層確保します。 

 わが国では、平成7年にHACCPによる衛生管理を法的に位置づけた「総合衛生管理製造過程承認制度」が創設されました。この制度は、乳、乳製品、食肉製品等、政令で定める食品を製造する施設ごとに任意の申請に対して審査を行い、厚生労働大臣がこれを承認するもので、承認を受けた施設では、法に規定する基準によらない製造方法による食品の製造や加工が可能になります。本制度は営業者による自主管理を促すために創設されたものですが、承認施設において重大な食中毒事件が発生したことから、平成15年の食品衛生法改正で、更新制(3年)となりました。

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.