Q&A 4 排水管理 

(1) 排水槽の清掃について

Q:排水槽の清掃は、どの程度実施すればよいか。

A:法令上は6月以内ごとに1回の清掃が規定されていますが、都では指導基準を規定して4月以内ごとに1回以上の清掃を指導しています。(「ビルピット対策指導要綱」にも規定しています。)

 特に、汚水槽や合併槽、厨房排水が流入する雑排水槽などは負荷が高いので、定期点検の状況から判断し、4月以内ごとに1回の清掃でも臭気や害虫の発生が顕著な場合は、さらに、清掃回数を増やし、適切な維持管理を実施してください。

 

(2) 汚水槽や雑排水槽へのばっ気・攪拌装置の設置について

Q:現在、排水槽には、ばっ気・攪拌装置を設置していないが、将来的に備えなければならないのか。

A:スカム・悪臭・昆虫の発生が顕著で、定期的な清掃だけでは適切な維持管理ができない状況であれば、できる限り設置するようお願いしています。

 

(3) 厨房に設置するグリース阻集器の構造について

Q:厨房に設置するグリース阻集器は、どのような物を設置すればよいか。

A:グリース阻集器は、排水中に含まれる夾雑物及び油脂分を有効に分離できる機能を有していなければなりません。厨房排水が排水管へ流れ込む箇所なので、排水管からの悪臭を遮断できる構造が必要です。

 また、厨房からの排水量に見合った能力を持ち、3槽以上に分かれ、1槽目には網カゴが付いていること、トラップ管が整備されていることが必要です。

 点検・清掃が容易にできる位置・場所に設置してください。阻集器の上部に配膳台や冷蔵庫などの重いものを載せると日常の清掃が行えなくなるので、御注意ください。

 ビルの衛生管理上、厨房におけるグリース阻集器の管理徹底が重要である理由は、排水槽への負荷軽減、厨房からの排水管つまり防止、害虫の発生防止のため、グリース阻集器での油脂分排除は、重要な機能となっています。

 

(4) グリース阻集器の清掃について

Q:グリース阻集器の清掃は、どのくらいの頻度で行うのか。

A:網カゴ内の捕集物と阻集器に溜まったスカム及び油脂類は使用日ごとに除去し、阻集器内部の清掃や汚泥の除去は少なくとも7日ごとに1回実施するようお願いします。(ビルピット対策指導要綱)

 排水設備の附帯設備として、衛生的な管理を行う必要がありますので、ビル管理者は、日常から臭気、害虫等の発生源とならないように、テナント等が管理するグリース阻集器の清掃状況についても、定期的に点検を行い、テナントが実施した点検記録を確認するなど、管理状況について把握してください。

 

(5) グリース阻集器へのばっ気・生物処理・オゾン発生装置等の設置について

Q:グリース阻集器にばっ気装置を取り付けたいが、法的な規制があるか。

A:ばっ気装置等の設置について、法令等による規制はありませんが、社団法人空気調和・衛生工学会(「SHASES (旧HASS) 217−1999 グリース阻集器」)では、「油脂分を分離する菌等と阻集グリースや堆積残渣の接触時間が短すぎて油脂分を分解する菌等による阻集グリースや堆積残渣の分解は期待できないこと、さらに、ばっ気装置によって槽内が撹拌され阻集グリースや堆積残渣が流出すること等から、使用は不適切。」としています。

 グリース阻集器の役割は、排水中の油脂を浮かせて分離させることですが、ばっ気装置を使用すると、グリース阻集器内で油脂が浮くのを妨げたり、分離した油脂を撹拌する等、グリース阻集器の機能を阻害してしまいます。そのため、東京都では営業時間中はばっ気装置を運転しないよう指導しています。

 グリース阻集器に排水が流入する時間帯は、ばっ気装置の使用は避け、グリース阻集器の機能が適切にはたらくように管理をしてください。

 

Q&Aへ戻る 特定建築物の衛生情報へ戻る

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2018 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.