平成25年度 東京都健康安全研究センター公開セミナー

食中毒を科学する

平成24年度の都内における食中毒発生状況は、事件数142件と平成に入って2番目に多くなっており、都民にとって食中毒が身近な問題となっています。

東京都健康安全研究センターでは、都民の生命と健康を守る科学技術的な拠点として、食中毒の原因究明を目的とした検査や調査研究、予防対策の普及啓発事業等の取組をしています。

今回、これまでの健康安全研究センターの研究成果から、ウイルス、自然毒、化学物質、細菌、寄生虫等さまざまな原因による食中毒について、科学的に解説する「公開セミナー」を開催いたします。

 

日時

平成25年11月29日(金曜日)午後1時30分から午後3時50分まで

 

場所

東京都健康安全研究センター本館6階会議室(新宿区百人町3-24-1)

※駐車スペースがありません。車でのご来場はご遠慮ください。

 

人数等

当日先着100名。無料。申込み不要。

 

講師

東京都健康安全研究センター職員

 

講演内容

(1)集計データを読む~食中毒のいま~

食中毒全般に関すること、都内の食中毒の発生状況などについてお話します。

(2)これも食中毒?~身のまわりの化学物質・自然毒~

ふぐ、毒キノコ、じゃがいもなどの食中毒について解説します。

(3)なぜ減らないのか~ウイルス性食中毒~

ノロウイルス等による食中毒の意外な特徴や、感染予防方法について御紹介します。

(4)では、どうすればいいのか~原因究明と対策~

食中毒の予防方法や、食中毒の原因調査について事例をまじえて考えてみましょう。

 

平成25年度公開セミナーちらし

 

問い合わせ先

東京都健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 広報企画係

電話03-5937-1089(直通)※平日9~17時

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.