「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」行事 写真展

 写真展「東京都東村山市青葉町4丁目多磨全生園」の開催

 平成21年度から、「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」の施行日である6月22日を「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」とし、国を始め各都道府県でハンセン病に関する行事を行っております。 

 東京都では、この日に合わせて、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発を図り、偏見や差別の解消に努めるため、写真展を開催します。

実施期間

 平成25年6月17日(月曜日)から23日(日曜日)まで

  10時から19時まで(ただし、初日は13時開場、最終日は17時終了)

場所

 都議会議事堂1階都政ギャラリー(地図はこちら

入場料

 無料

内容 

  国立ハンセン病療養所「多磨全生園」の入所者で、40年の長きにわたってハンセン病関連の資料収集に尽力してきた山下道輔氏の2001年から2013年までの記録等(写真家 黒崎彰氏)

多磨全生園の風景

 ちらし

 ちらしはこちらです。

ハンセン病とは

  • かつて「らい病」と呼ばれた、感染力の極めて弱い細菌による感染症の一つです。
  • 日本では、誤った施設入所政策などがとられたため、患者やその家族に激しい苦痛を与え るとともに、多くの人がこの病気に対して強い偏見を持つことになりました。
  • 平成8年に「らい予防法」が廃止されましたが、今もなお根強い偏見や差別が残っています。

お問い合わせ先

東京都健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 広報企画係

電話 03-5937-1089(直通)※平日9~17時

メールアドレス www(at)tokyo-eiken.go.jp

 ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.