行事のご案内(令和2年度)

東京都健康安全研究センター 施設公開について

 東京都健康安全研究センターでは、都民の生命と健康を守るため、日々様々な試験調査や調査研究を行っています。
 これらセンターの業務を紹介し、検査の最前線を体感していただく「施設公開」を、平成29年度より毎年10月から11月にかけて実施しており、毎回多くの方にご参加をいただいております。

 今年度の施設公開につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、例年と同時期に、これまでと同じ形で実施することが困難であると判断いたしました。
 今後の実施につきましては、感染状況を踏まえ、適切な感染対策や開催時期・方法を検討してまいります。

 施設公開を楽しみにされていた皆様には申し訳ございませんが、ご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願いします。

 

夏休みにやってみよう!
「つかめる水を作ろう!」「インクの謎を探ろう!」の紹介

 東京都健康安全研究センターでは、小学生のお子さんが、科学に親しみながら楽しく体験できるイベントを、定期的に開催しています。
 イベントでは様々なコンテンツを用意していますが、今回は、夏休み中のご家庭でも体験できるように、「つかめる水を作ろう!」と「インクの謎を探ろう!」の2種類のテキストを掲載します。

詳細はこちら

 

食の安全こども調査隊」の参加者募集

 東京都では、食の安全について、小学生が楽しみながら学べるよう、例年夏休み時期に、食に関する施設の「調査」や簡単な実験などを行う「食の安全こども調査隊」を実施しています。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、集合形式ではなく、食中毒予防に関する学習資材を用いた自宅学習形式で実施します。ぜひご参加ください!

※申し込みの受け付けは、令和2年7月31日(金曜日)に終了いたしました。

 

令和2年度「感染症媒介蚊対策講習会」動画を配信

 デング熱やジカウイルス感染症などの蚊がうつす病気のことや、蚊の生態・対策等について、専門家による動画を配信しています。

 

食の安全都民講座をウェブ配信 「低温調理」の安全性を科学する!

 東京都では、食の安全に関して都民の皆様との情報共有、相互理解を図ることを目的として、「食の安全都民講座」を開催しています。令和2年度第1回の講座は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ウェブ配信形式で実施します。
今回は、いま話題の「食肉の低温調理」について、家庭で調理するときの安全性をテーマにお伝えします。どなたでもご視聴いただけますので、ぜひご覧ください。

※8月31日(月曜日)に終了いたしました。

 

ハンセン病についての正しい知識の普及啓発行事 開催

 「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」の施行日である6月22日は「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」とされ、国を始め各都道府県でハンセン病に関する行事が行われております。
 東京都でも、ハンセン病についての正しい知識の普及啓発を図り、偏見や差別の解消に努めるため、パネル展示を実施します。

※パネル展示は令和2年6月19日に終了しました。

 

イベントで大人気!「つかめる水作り」の紹介 

  東京都健康安全研究センターでは、小学生の皆さんが、科学に親しみながら楽しく体験できるイベントを、定期的に開催しています。
 イベントでは様々なコンテンツを用意していますが、その中でも、「つかめる水作り」はとても人気があります。

 つかめる水の画像

 今回は、令和2年4月25日から5月6日の「STAY HOME週間」の期間中、「つかめる水作り」をご家庭でも体験できるように、テキストを掲載します。

 ※テキストは、「夏休みにやってみよう!」のページに移動しました。

 

 薬用植物園 行事のお知らせ

 薬用植物園では、薬草教室、薬草観察会等のさまざまな行事を開催しています。

 詳細はこちら

 

令和1年(平成31年)度以前はこちら

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2020 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.