行事のご案内(平成30年度)

平成30年度第3回食の安全都民講座を開催

 東京都では、食の安全に関するリスクコミュニケーション事業の一環として、少人数での講義や体験を中心とした「食の安全都民講座」を開催しています。
 平成30年度第3回は、家庭で発生する食品害虫と、害虫の発生を防ぐ方法をテーマに開催します。

 

環境保健衛生シンポジウムを開催 身の回りの放射線

放射線に関するシンポジウムを開催します。

 

平成30年度第2回食の安全都民講座を開催

 東京都では、食の安全に関するリスクコミュニケーション事業の一環として、少人数での講義や体験を中心とした「食の安全都民講座」を開催しています。
 平成30年度第2回は、家庭でできるノロウイルス対策をテーマに開催します。

※平成30年10月19日に終了しました。

 

東京都健康安全研究センター 施設公開

 東京都健康安全研究センターでは、都民の生命と健康を守るため、日々様々な試験検査や調査研究を実施しています。このたび、好評だった昨年に引き続き、実際に検査を行っている研究室を見学するラボツアーを中心とする施設公開を行います。研究部門の職員が直接当センターの業務を紹介し、検査の最前線を体感していただけます。
 多くの方のご参加をお待ちしております。

 

都民のための「おくすり講座」を開催

 医薬品の適正使用等の普及啓発のため、10月17日(水曜日)から10月23日(火曜日)までの間、「薬と健康の週間」として全国一斉に行事が展開されます。その一環として、東京都では「おくすり講座」を開催します。
 今回の「おくすり講座」では、なぜおくすりを飲むのか、自分に合ったおくすりの使い方とは何か?を改めて考えてみるとともに、知って得する薬局・薬剤師の活用法についてわかりやすく解説します。多くの方のご参加をお待ちしています。

※平成30年10月18日に終了しました。

 

食の安全都民フォーラム『「生で食べる」を考える』開催

 東京都では、都民、事業者及び行政担当者が、食の安全に関する情報を共有し、考える場として、毎年、「食の安全都民フォーラム」を開催しています。
 今回は、「生で食べる」とはどういうことか、文化面や安全面から考える機会としていただくことを目的に、基調講演とパネルディスカッションを行います。

※平成30年9月28日に終了しました。

 

環境保健衛生講習会「基礎から学ぼう放射線」を開催

 放射線の基礎知識に関する講演や放射線測定の実習などを行う講習会を開催します。

※平成30年8月31日に終了しました。 

 

東京都健康安全研究センター 夏休み子供セミナーを開催

 東京都健康安全研究センターでは、夏休みに小学生を対象としたセミナーを開催します。食品や環境に関する楽しい体験学習の場として、参加してみませんか?

※平成30年7月27日に終了しました。

 

「食の安全こども調査隊」を募集

 東京都では、リスクコミュニケーション事業の一環として、都民の皆様と食の安全について考える講座やシンポジウムを実施しています。
 平成30年度は小学生とその保護者を対象とし、食中毒予防について理解を深めることを目的とした「食の安全こども調査隊」を夏休み期間に開催します。是非ご参加ください。

※平成30年8月10日に終了しました。

 

ハンセン病普及啓発行事 映画『ふたたび~swing me again~』上映会開催

 「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」の施行日である6月22日は「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」とされ、国を始め各都道府県でハンセン病に関する行事が行われております。
 東京都でも、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発を図り、偏見や差別の解消に努めるため、映画上映会及びパネル展示を実施します。

※平成30年6月13日に終了しました。 

 

環境保健衛生講習会「感染症を媒介する蚊対策講習会」

 デング熱やジカウイルス感染症などの蚊がうつす病気のことや、蚊の生態・対策等について、専門家による講習会を実施します。

※平成30年6月20日に終了しました。 

 

薬用植物園 行事のお知らせ

 薬用植物園では、薬草教室、薬草観察会等のさまざまな行事を開催しています。

 

29年度以前はこちら

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2018 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.