オオバギボウシとバイケイソウ(有毒)


オオバギボウシの芽生え

バイケイソウの芽生え
オオバギボウシの芽では、葉は巻いています。 バイケイソウの芽では、葉は折りたたまれています。

 オオバギボウシの芽を切り取ったもの
   若い芽では葉柄は伸びていません。

  バイケイソウの芽を切り取ったもの

花期のオオバギボウシ
成長した葉には長い葉柄があります。

成長したバイケイソウ
成長しても葉柄はありません。

         オオバギボウシ
 オオバギボウシはユリ科の多年草で、山地の草原や明るい林に自生しています。葉は根ぎわに集まり長い葉柄を持つ葉は30㎝以上になります。7月頃、写真のような白い花を付けます。春先の芽生えや若い葉はウルイと呼ばれ、山菜として利用されます。

        バイケイソウ 
 
バイケイソウは草丈1〜1.5mになるユリ科の多年草で、深山の林の湿った所に群生しています。7月頃、茎の先に白〜緑色の小花が集まった花序を付けますが、花を付ける株は数が少ないようです。
 植物全体にプロトベラトリンなどのアルカロイドを含有しており、誤食すると、嘔吐、下痢、血圧降下、けいれんなどの中毒症状が起きます。


    

オオバギボウシの長い葉柄

バイケイソウ花
            
 オオバギボウシとバイケイソウの芽生えの
見分け方

  1. オオバギボウシの芽では、葉は巻いていますが、バイケイソウの芽では、葉は折りたたまれています。
  2. オオバギボウシには苦味はありませんが、バイケイソウは苦く、不快な味があります。
  3. オオバギボウシの葉には、長い葉柄がありますが、バイケイソウの葉には葉柄がありません。(芽生えでは葉柄がよく分からないので、初心者は葉柄がはっきり分かるようになってから採りましょう。)
 
バイケイソウの根

農薬にされたこともある。


コバイケイソウ 
 高山や亜高山帯の湿原に自生します。バイケイソウと同様のアルカロイドを含有し、誤食による中毒事故が起きています。

©東京都薬用植物園