ニリンソウヤマトリカブト(有毒)

 ニリンソウを山菜としてよく食べる東北、北海道では毎年のように中毒事故が起きています。

ニリンソウの芽生え
花がないとヤマトリカブトにとても似ています。
ヤマトリカブトの芽生え
成長するにつれ、花茎が立ち上がります。
ニリンソウ 花期 ヤマトリカブト 花期
 ニリンソウは山地や丘陵の林に自生するキンポウゲ科の多年草です。草丈15㎝位で、早春に白い花を付けます。茎の上に2個の花を付けるという意味で2輪草と名付けられていますが、実際には1輪のものも3輪のものもあります。春植物で、林床が暗くなる6月頃に地上部は枯れてしまいます。
 北海道や東北では、葉をゆでて、水に晒し、山菜として利用します。
ヤマトリカブトは山地の林に自生するキンポウゲ科の多年草です。草丈は1m内外で、花を付ける頃には茎が下垂します。9月〜10月頃、茎頂の葉腋に紫色の花を多数付けます。
 トリカブトの名前は、花の形が舞楽の時に使う伶人の冠に似ているところから名付けられました。
 植物全体、特にその芽、葉にもアコニチンなどのアルカロイドを含有しており、誤食すると、嘔吐、下痢、手足や指の麻痺の中毒症状を起こし、重症の場合には、死亡することもあります。

 
ニリンソウ(上)の地下部
地下茎は横に這います
ヤマトリカブト(下)の地下部
紡錘形で、猛毒の塊根があります。



ニリンソウヤマトリカブトは同じ環境に生えます。
ニリンソウを摘む時は混入しないように注意が必要です。 

  ニリンソウとヤマトリカブトの見分け方
  1. 春先、ニリンソウは白い花を付けますが、ヤマトリカブトは秋に紫色の花を付けます。
    (初心者は白い花を確認して摘みましょう。)
  2. ニリンソウでは茎はほとんど立ち上がりませんが、ヤマトリカブトでは成長するにつれ茎が立ち上がり、1mに達します。
  3. 地下部をみると、ニリンソウの根茎は横に這っていますが、ヤマトリカブトは紡錘形の塊根があります。 

   ハナトリカブト(カラトリカブト)
 中国原産の植物で、薬用植物として栽培されています。ヤマトリカブトと同様のアルカロイドを含有し、特に塊根は猛毒です。

©東京都薬用植物園