TOP > 薬事衛生のページ > 誰でもわかる簡単GMP 目次>(6)ここまでを踏まえて

(6)ここまでを踏まえて

GMPの目的を達成するために、ハードとソフトで行うことのできるいくつかの例を紹介します。
 (ここで紹介する事例は、あくまでもごく一部の事例です。)

1 人による間違いを最小限にする。
2 医薬品が汚染されたり、品質が低下するのを防ぐ
3 高い品質を保つ仕組みをつくる

参考資料:医薬品GMP解説、 株式会社薬事日報社、 監修厚生省薬務局監視指導課


前へ (5)何を決めるの?(概要編) > このページ > 次へ (7)バリデーション

TOP > 薬事衛生のページ > 誰でもわかる簡単GMP 目次>(6)ここまでを踏まえて

健康安全研究センター広域監視部薬事監視指導課