English
健康安全研究センター トップ 研究年報 トップ 今号のトップ タイトル一覧

東京都健康安全研究センター 研究年報 第62号(2011) 和文要旨

凡例

タイトル
著者
和文要旨
キーワード
掲載ページ

総説

1 総説 わが国におけるアニサキス症とアニサキス属幼線虫 PDF
鈴木 淳,村田 理恵
わが国におけるアニサキス症は,食品媒介寄生虫症の中で最も多く年間500例以上にも及ぶと考えられ,アニサキスは食品衛生法において食中毒起因物質に指定されている.国内のアニサキス症の多くは,Anisakis simplexの3種の同胞種の一つであるAnisakis simplex sensu strictoによることが分子生物学的解析により明らかとなってきた.その感染原因食は地域により一部異なり,都内ではサバが最も多く,なかでもしめさばの割合が高い.アニサキスは,更に,蕁麻疹や稀にアナフィラキシーを引き起こすアレルギーの原因物質となることが知られている.本稿では,現在までのアニサキス症に関する疫学およびアニサキス属幼線虫の種類と同定について述べるとともに,アニサキスへの感染リスクとその原因について概説する.
アニサキス症,アレルギー,アニサキス属幼線虫,形態学的同定,分子生物学的同定,Anisakis simplex sensu stricto,Anisakis pegreffii,マサバ,筋肉内移行率
東京健安研セ年報, 62, 13-24, 2011
2 総説 健康食品に含有される医薬品成分の分析 PDF
守安 貴子,蓑輪 佳子,岸本 清子,坂本 美穂,門井 秀郎,中嶋 順一,濱野 朋子,中江 大
健康食品には,効果を高めるため違法に医薬品成分を含有する例が後を絶たない.平成14年の中国製ダイエット健康食品事件のように,過去には重篤な健康被害を生じている.含有される医薬品成分は,医薬品そのものの他,一部構造を変化させた化合物,医薬品として開発された経緯を持つ化合物が用いられる他,カプセル剤皮に成分を含有させる等,検出を免れる手法は複雑化している.健康食品に含有される医薬品成分を探索するには,まず,既知の化合物を迅速に確定することが重要である.既知化合物の検出には,LC/PDAやLC/MS/MSを中心とした一斉分析,PDAスペクトル及びMSフラグメントライブラリーの構築と活用,TLCやGC/MSを含めた複数分析法が組み合わせて用いられている.これら種々の分析法について紹介するとともに,新規未知成分の同定についてED治療薬類似成分の構造解析を中心に概説する.
健康食品,医薬品,健康被害,強壮,ダイエット,ED治療薬成分,一斉分析,LC/MS,GC/MS,LC/PDA
東京健安研セ年報, 62, 25-39, 2011

タイトル一覧

論文VII 精度管理に関する調査研究
論文I 感染症等に関する調査研究 和文要旨