トップページ  研究年報トップ 今号のトップ タイトル一覧        English

東京都健康安全研究センター
研究年報 第56号(2005)和文要旨

凡例
タイトル
著者
和文要旨
キーワード
掲載ページ

総説

 東京都におけるウイルス感染症の発生動向
吉田 靖子,田部井 由紀子,長谷川 道弥,長島 真美,貞升 健志,新開 敬行,諸角 聖
1999年に施行された「感染症法」における「感染症発生動向調査事業」の位置づけとウイルス検査体制及び病原体検索情報を,1999〜2003年の5年間における各種ウイルス感染症における起因ウイルス検出結果と積極的疫学調査結果から述べるとともに,東京都が実施している感染症対策等について概説する.
ウイルス感染症,呼吸器感染症,発疹性疾患,無菌性髄膜炎,積極的疫学調査,感染症対策
東京健安研セ年報 56,3-15,2005
 
 東京都内湾の魚介類におけるダイオキシン類の生物蓄積
大橋 則雄
福祉保健局健康安全室の食品監視課および環境保健課からの委託により実施した,平成11年度から平成16年度にわたる東京湾産魚介類のダイオキシン類等の化学物質汚染状況調査の結果に基づき,各魚介類のダイオキシン類濃度と経年変化,魚類と貝類から検出されるダイオキシン類の異性体組成の特徴などについて述べた.あわせて,東京湾に関する魚介類の食性と食物連鎖の順位,水環境中のダイオキシン類調査,魚介類のPCB調査など他の知見を含めて,魚介類におけるダイオキシン類の生物蓄積性について概説した.
ダイオキシン類,ポリ塩化ジベンゾ-p-ジオキシン,ポリ塩化ジベンゾフラン,コプラナーポリ塩化ビフェニル,生物蓄積,魚介類,東京湾内湾
東京健安研セ年報 56,17-27,2005

今号のタイトル一覧

VII 精度管理に関する調査研究 和文要旨
I 感染症に関する調査研究 和文要旨