第13号 2006年9月

平成18 年4月、東京都の麻薬取締員により一組の若い男女が現行犯逮捕されました。大麻草を室内で、電球の光で不正に栽培しているのが発覚し、大麻取締法違反により検挙されたものです。大麻草はアサ科の1年草の植物で、喫煙すると身体に悪い影響を与える乱用薬物です。
近年の食品加工技術の進歩はめざましく、身のまわりには多種多様な加工食品があふれ、世界各国からの輸入食品も大量に流通しています。「飽食」、「グルメ」という言葉が使われて久しくなりますが、こうした豊かな食料事情を支えているのが加工食品であることは言うまでもありません。これら加工食品が、安定して供給され、安全においしく食べることができるように食品添加物が使われることがあります。ただし、その使用に当たっては、守らなければならないルールがたくさんあります。 ここでは、当センターで検査した結果、そうしたルールを守らずに食品添加物を使用した加工食品の事例を紹介します。
食器、調理器具、食品に使用する包装材など( 食品用器具・容器包装) は食品と直接接触して使用されることから、化学物質等の溶出により食品が汚染されないよう配慮する必要があります。そのため、これらの安全性について食品衛生法により規格基準が定められており、この規格に適合していなければなりません。そこで、食品用器具・容器包装の規格基準及び製品を使用する際の注意点について紹介します。


本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します。
Copyrightc 2003 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.