特集
紫外線と化粧品
— 日焼け止め化粧品の上手な選び方 —

紫外線とは

太陽の光には、可視光線のように目に見えるものと紫外線のように目に見えないものとがあります。 エックス線やガンマ線など電磁波の多くは大気層(オゾンなど)で吸収されますが、可視光線と赤外線と紫外線の一部は地表に届きます。 紫外線は、その波長によってUVA、UVB、UVCの3つに分かれます。このうち、UVCはオゾン層と空気中の酸素分子で遮られて、地表には届きません。UVBもほとんどがオゾン層で吸収されますが、一部は地表に到達するためオゾン層破壊の影響を受けやすく、その増加が問題になっています。




UVAとUVB の違い

(1)UVA
 皮膚を黒くするほか、皮膚の奥深くに進入しシワやたるみなど肌の老化を促す原因になります。

(2)UVB
 皮膚の表面(表皮)に作用して赤く炎症を起こしたり、メラニンの生成を促したりして日焼けによるシミ、ソバカスの原因になります。 繰り返し浴びると皮膚等に有害で、皮膚がん等の原因になります。



先頭へ戻る

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します。
Copyrightc 2003 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.