第9号 2005年9月

本公開セミナーは、当センターで行っている研究等に関する情報を都民のみなさまに分かりやすくお伝えすることを目的に実施しており、今回で通算23回目となります。毎年、生活に身近な話題を取り上げております。
最近、脱法ドラッグ乱用問題は急速な広がりを見せています。これは様々なストレスから逃避したい、簡単にやせたい、刺激が欲しい、などの欲求を脱法ドラッグで満たそうとする人が増えているからと考えられます。さらに、その販売状況や健康被害などの実態がわかりにくいのも脱法ドラッグ乱用問題のひとつです。また、インターネット上で気軽に入手できることも乱用拡大の原因となっています。.
たばこの害は喫煙者だけでなく周囲の非喫煙者にも及ぶことが明らかにされてきました。最近では受動喫煙による害を受けることのないように、病院、役所、銀行、公共交通機関、路上等において禁煙の場所が増えていますが、たばこ煙の影響はどうでしょうか。当センターで行った成人、乳幼児、妊婦を対象にした受動喫煙実態調査の結果を紹介します。


本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します。
Copyrightc 2003 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.