ノロウイルスが原因とされる感染性胃腸炎対策




ノロウイルスが原因とされる感染性胃腸炎対策
家庭でできる感染予防に役立つ方法を紹介します。
ノロウイルス
昨年末から、全国の高齢者施設などでノロウイルスが原因となった感染性胃腸炎の集団発生が多発しています。このウイルスは、汚染された食品や感染した人の吐ぶつやふん便を介して感染が拡がります。今回の事例は免疫力が低下した高齢の方が感染しており、下痢による脱水症状などによって死亡する例もみられています。

「感染経路」
  1. ノロウイルスに汚染された二枚貝を生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
  2. ノロウイルスに感染している人を介して汚染された食品を食べた場合
  3. 患者のふん便や吐ぶつから感染する場合

「感染しないために」

日常生活では・・・
手洗い:
ノロウイルスは人の口から侵入して小腸で増えるウイルスですので、手洗いによるウイルスの除去が最も手軽で有効な手段です。
掃除:
生活環境からウイルスを排除する手段としては掃除が手軽です。より清潔な環境を保つためには、消毒剤を使用した拭き掃除が有効です。

食事の際は・・・
調理や食事前の手洗い:
下痢などの自覚症状 がなくてもウイルスに感染している場合があります。調理前には必ずきちんと手を洗いましょう。
二次汚染防止:
二枚貝の砂抜きの際、吹き出した水が調理器具や他の食材を汚染することがあります。二枚貝の調理に使用した調理器具やシンクは、洗剤で良く洗った後、熱湯等で消毒しましょう。
生食をさける:
二枚貝の消化管にウイルスが蓄積している場合があるので、カキ、アサリ、シジミなどの二枚貝(内臓がついたもの)の生食は控えましょう。
加熱:
煮たり焼いたり、熱湯をかけたりすることによってウイルスは死滅します。この手段は、食材の調理はもちろん、生活用品の消毒にも有効です。食材の場合は、芯まで熱が通るように処理する必要があります。

介護の際は・・・
吐ぶつ・下痢便に触れない:
感染者の吐ぶつや便には大量のウイルスが含まれています。処理する場合は、飛散させない工夫と手袋とマスクを着用しましょう。
薬品処理:
水道やプールの消毒にも使用されている「塩素剤」が市販されています。加熱できない用品の消毒に便利ですが、吐ぶつなどの消毒には高濃度で長時間の処理が必要です。
用便後の手洗い:
トイレやドアノブなどを介した感染拡大を防ぐために、用便後はきちんと手を洗いましょう。




本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します。
Copyrightc 2003 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.