特集
カンピロバクター食中毒を防ぐには

農産物と農薬







特集1
カンピロバクター食中毒を防ぐには
近年、全国的に、カンピロバクターという細菌による食中毒事例が増えています。そこで東京都では、東京都食品安全条例(平成16年4月施行)に基づき設置された「東京都食品安全情報評価委員会」が、『カンピロバクター食中毒の発生を低減させるために』 というテーマを採り上げ、予防対策を講じるための検討を行いました。その中で、当センターは、鶏肉のカンピロバクター汚染実態調査や調理実験等を担当しました。この実験結果をもとに「安全な鶏肉の食べ方」を紹介します。

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.

東京都食品安全情報評価委員会で検討された詳しい内容がホームページで公表されているので参考にしてください。


本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します。
Copyrightc 2003 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.