くらしの健康(第2号)

第2号 2003年12月

「食への信頼」を揺るがす事件や事故が続発する中で、都は…
 
 
快適であるべき住まいの環境が健康を損なう原因となることがあり問題になっています。いわゆるシックハウス症候群と呼ばれる健康への影響です。室内環境は多種、多様な要素から成り立っており、健康への影響には、様々な原因が考えられます。その原因は「化学物質」によるものと「カビ、ダニ等の生物」によるものとに大別できます。これらについて解説し、快適な室内環境を維持するための対策を紹介します…
 
   
 
私たちが体の不調を訴えて診療所や病院に行ったとき、検査のために血液や尿を採られることがあります。この検査は、国の調査によりますと、9割を超える医療機関が外部の検査施設に委託しています。このように医療機関からの受託で、血液や尿などの検査を行う施設を衛生検査所といいます。医療機関の医師は衛生検査所で行った検査結果を踏まえて診断し、治療内容等を決めますから、検査結果は正確でなければなりません。当センターでは検査の質(精度)を保つために、各衛生検査所へ試料を配付し、提出された検査結果が正しい値かどうかを調査しています…

 

性感染症(STI:Sexually Transmitted Infections)は、性行為によって感染する病気です。
 世界の先進諸国においては、予防意識の向上とコンドーム普及キャンペーンなどにより、性感染症の感染者・患者数は減少しています。ところが日本では増加の一途をたどっています。
そこで、性感染症への関心を高めていただくためにその概要について以下に説明いたします…

 

 食中毒とは、有毒・有害物質を飲食物と共に摂取することによって起こる健康障害のことをいいます。食中毒を起こす原因には細菌やウイルス等の微生物の他、魚介類、キノコ、野草等に含まれる自然毒や、農薬、ヒ素、重金属等の化学物質があります。
 ヒスタミンによる食中毒は化学物質による食中毒に分類され、その症状から「アレルギー様食中毒」ともよばれています。全国的に一年を通して発生し、発生件数もこの数年間減少する傾向はありません。都内でもヒスタミンによる食中毒等は毎年数件発生しています。ここではヒスタミンによる食中毒の原因や予防法について、事例を交えてご紹介します…
 
 
「くらしの健康」郵送をご希望の方

本誌の内容を転載する場合

ご意見・お問い合わせ

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.